2017/07/16

夏の野付半島














そこは、野鳥の楽園でした。










海の日連休の日曜日。

野付半島までドライブしてきました。

目的は北海シマエビと、野鳥観察の二つ。





まずは、尾岱沼漁港の売店へ。

…しかし、北海シマエビは不漁のため7月1日で終了となっており、生のエビを購入することは叶いませんでした。

冷凍のボイル300gと、ホタテむき身300gを買いました。

…打瀬舟、見たかったなぁ。







野付半島ネイチャーセンターで、昼食をとりました。











別海産タマネギを使用したかき揚げと、北海シマエビの天丼です。



タマネギ甘ーい!シマエビもサクサクしてて美味!

お味噌汁には大きなアサリが入っていて、これまた美味~。



食堂からも沢山の鳥を見ることができました。













カワラヒワ。声に出して言って見てください。なんだか舌を噛みそうになりませんか??













カッコウ。鳴き声はよく耳にしますが、姿は初めて見ました。



遠くにオジロワシもいました。



ネイチャーセンターから、トドワラまではトラクターバスが運行しています。

時間の融通は利きませんが、歩くと大変なので利用しました。












アカアシシギ。鳴き声がね、可愛いんです。

残念ながら写真にはチャームポイントの赤い脚が写っておりません。





アオサギの食事処になっているんですね。

今まで見たことない大群でした。







ネイチャーセンターから車に乗り、一般車両通行止めまでさらに進みます。

駐車場から徒歩で淡水ハイドへ向かいます。



















オジロワシ。かっこいい…。



















シマセンニュウ。

草むらの中に巣があるらしく、一度高いところに止まって安全を確認しています。











鹿もいました。牡鹿を見るのはなかなか珍しいかも。











タンチョウまで!















エゾカンゾウのオレンジと、ノハナショウブの紫が一面に広がっていて。まさに楽園。







吸血虫はいませんでしたし、一番いい季節に来たのかもしれませんね。



次は真っ白な、真冬の野付半島も見てみたいです。