支笏湖、フレナイ川。

2017/07/23

支笏湖、フレナイ川。


 
美笛キャンプ場から、フレナイ川まで往復約8kmのパドリング。
 



 

前回モラップだったため、第一候補は美笛、混んでいるようならモラップにしようということで、ポロピナイに着いた時点で美笛のセンターハウスに電話をしました。

「まだ全然余裕です」とのお返事。
土曜日の天候が不安定だったせいでしょうか。この時期の美笛で空いているなんて、ラッキーです。

湖畔近くの駐車スペースにも、若干ですが空きがありました。
カヤックの出しやすさが、美笛の魅力の一つです。




せっせと組み立てて、さあ出艇…というところで忘れ物発覚!

なんと、パドリングシューズをベランダに干したまま置き忘れてしまいました。
二人とも、サンダルは持ってきていたものの、私のサンダルは親指を引っ掛けるだけのビーチサンダル…。

乗りこむときに脱げるし、指は痛くなるし、やっぱりビーサンではダメですね。


出鼻を挫かれつつ、フレナイ川へ向かって漕ぎ進みます。
 




 




凪タイムを満喫。


ニナル川を越えてすぐ、水面下の魚影が濃くなりました。
ほぼウグイでしたが、たまにアメマスもいます。

どうやら魚のお食事会場に突入してしまったようです。
水面の虫の死骸を食べに、魚がひっきりなしに浮上してきます。
しばし漕ぐのをやめて、惰性で進むがままに、魚の姿を観察しました。
まるで、魚の群れと一緒に泳いでいるような感覚を楽しめました。


 
手や腕を水につけて、暑さをやりすごしながら進みます。


ブルーウォーターポイント

 





今日も静かな湖畔…と言いたいところですが、自衛隊の飛行訓練の日にあたったらしく、戦闘機が轟音をたてて行き交っておりました。
 
 
飛行機雲と不穏な波
 
フレナイ川に着いてすぐ、たいして風がないのに、湖面がザワザワと波立ち始めました。
なんとなく、嫌な予感がして早めに撤収することにしました。
 
 
風不死岳は雲の中

 
帰りにニナル川に寄ってみたところ、なんと、川が干上がっているではありませんか!
去年はこんなことなかったんですけど…。
 
降水量が少ないのかな、と思い気象庁のHPで調べてみました。
 
昨年5月 104mm
昨年6月 431mm
昨年7月 259mm

今年5月 93mm
今年6月 296mm
今年7月 77.5mm
(8/3調べ)

7月がちょっと異常な感じがしますね。
ちなみに平均値では
5月 141mm
6月 118mm
7月 170mm
とのことです。
今年の6月の方が、天候が不順だったように思うのですが、実は去年の6月は雨が多かったんですね。

ニナル川を越えると、波がザブンザブンと大きくなり、バウが波にもっていかれるようになりました。
もっと荷物をバウにつめて、重くした方が良いようです。


 
naoがカワセミを見つけましたが、岸に近づきすぎると艇のコントロールが難しくなるレベルの波で、私は見ることができませんでした。

水遊びをしている子供たちを避けつつ、波に負けないスピードを保ちつつの難しい上陸で、けっこう緊張しました。
 
 
 

12時の「静穏」なんて、信じてはいなかったけれどね…。なんか悔しい。
ま、無事に帰ってこられたので、良しとしましょう。



撤収の際、駐車場をキジバトがトコトコ歩いていた!

0 コメント :

コメントを投稿