2017/08/15

ナキウサギ



十勝岳・望岳台にて。

 あわせて読みたい 
ナキウサギの冬支度と望岳台の夕日 
2018年もナキウサギの撮影成功♪

今年のお盆休みはスッキリしないお天気が続きました。

水遊びをするには不向きなため、それなら山にでも行くかと、数年前に一度出かけて叶わなかった、ナキウサギ撮影のリベンジで十勝岳へ。

江別の辺りは晴れていた

11時半、札幌を出発しました。
全道的に曇りの予報でしたが、行きは割といい天気。


三笠インターを降りる頃には、雲が多くなってきました。

芦別の三段滝はスルーし、富良野へ。

富良野市内は観光客でごった返していました。



13時半、道東民の我ら夫婦には懐かしい、熊ッ子ラーメンで昼食。
旭川ラーメンですが、ここで食べるなら味噌一択!美味しゅうございました。

車内で「大雪青年の家(現 大雪青少年交流の家)」の所歌を歌いながら、望岳台を目指します。
白樺を見ると、ついつい歌ってしまうのです。naoはハモリ担当です。



望岳台に着いて、びっくり!!


防災シェルター…だと…?

なんと、防災シェルターなる建物ができているではありませんか!
…トイレがめっちゃ綺麗で感動!
数年前に訪れた時は、こんなのなかったのに。

やはり御嶽山の噴火の影響かしら?

2016年完成

調べてみると、やはり最近できたばかりでした。
御嶽山のおかげといってはナンですが…予算がおりたんですね。
登山者にはありがたい施設です。


まさかの9℃

iphoneの天気って適当すぎませんかね?
15℃くらいはありましたけど…。

涼しいことに違いはないので、カッパを着込んでいきます。



高山植物



十勝岳の短い夏。曇りでしたが緑が鮮やかで、とても綺麗でした。


辺り一面、シラタマノキの実

エゾオヤマリンドウ

生き生きとした高山植物に、こころ癒やされました。



ナキウサギ


登山道からシェルター方面を眺める

ビンズイ

野鳥はホシガラス、ビンズイを見かけました。

ガレ場では、あちこちからナキウサギの声がします。

naoは谷を降りてナキウサギを探しに行きました。

私はすぐ近くから鳴き声がしたので、谷には行かず、持参した椅子を組み立て、座って待ちます。

naoのシャッター音が連続して聞こえます。どうやら見つけたようです。

エゾナキウサギ

かなり遠くにいたそうですが、望遠レンズのおかげでバッチリ撮影できました。

戻ってきたnaoも椅子を出して、じっと待ちます。

ナキウサギは、登山道や駐車場付近から人の声がしたり、熊よけの鈴の音がするだけで、鳴くのをやめてしまいます。

しかし、なわばりを持っているので、一度鳴き声がした辺りでじっと待っていれば、顔を出してくれることがあるようです。

野生動物が相手なので運もありますが、あちこち歩き回らず、リラックスして、ただ静かに耳をすませるのがコツです。


…登山道に人がいなくなり、静寂が訪れた時。
ふと気配を感じ、ガレ場を見ると…いました!

二匹目!

近すぎて、双眼鏡のピントを合わせるのに苦労するほど!
ああ~~、可愛い~~!

「可愛い」の具現化

岩の上で、じっとしています。
耳が、まんまる!
目も、まんまる!
ネズミっぽく見えますけど、口元がやっぱりウサギですね~~。

しばらくすると、ハイマツの陰に帰っていきました。
その歩き方も、写真ではブレブレでしたが、もう可愛くて可愛くて。

出現場所。その距離およそ5m

ついに会えた!しかもこんな近くで。感動…。

時刻は16時ごろでした。

雨が降ってきたので、撤収します。

雨の下山。でも心は満たされている。

十勝岳は全く見えなかったけれども。

幸せな気持ちで、下山完了。

麓は降っていない

雨が降っていたのは、山だけらしい。
降雨前、しかも比較的短時間でナキウサギに会えて、ラッキーでした。

0 コメント :

コメントを投稿