2017/11/12

新しい単焦点レンズで猫を撮影してみました




夜、家の中で猫を撮影するためのレンズです。


猫がカメラを嫌がる、というのは以前の記事で書きました。

レンズをなるべく近づけず、「ご機嫌」な状態の猫を撮影するには、望遠レンズを使うしかないのですが。

我が家は極端に光量の少ない家でして。

夕方でもこんな感じ


望遠レンズだとシャッタースピードが落ち、ブレブレの写真しか撮れないのです。

単焦点レンズは暗いところでも明るく撮影できますが、今までのレンズは28mm。

かな~り猫に近づかないとダメなレンズでした。

この問題を解決すべく、naoがヤフオクで購入したのが、こちらの単焦点レンズ「Canon EF50mm F1.4 USM」です。




レンズが28mmから50mmに焦点距離が長くなったことで、猫から離れて、かつ暗いところでも撮影が可能に♪


ちなみに、こちらの中古レンズ、naoは手元に届いてすぐ、二度分解しました。

一度目はレンズ内のホコリを取り除くため。

二度目はオートフォーカスのスピード改善でグリスを塗るため。

良い子はマネしないでね!!

さて、新しいレンズの試し撮り。


テーブルの下に潜って撮っています

グルーミング中の猫は、たいてい悪い顔をしている…

「ん?」

カリモク60のDチェアでくつろぐ猫さん。朝の写真。


また椅子を奪われたので…

イームズチェアの猫さん。こちらは夜の撮影です。


アップでも撮ってみた

前回より、口角が上がっているような気がします。


ピントが甘いような気がするのは私だけ??


買ったばかりのレンズですので、今後の撮影技術向上に期待!

ということにしておきますね^^


0 コメント :

コメントを投稿