2017/09/20

札幌ドームのV.I.P席を体験してきました


皆さん、こんにちは。一般庶民のume(@umejog)です。
今日は一生に一度のセレブ体験をしてきましたので、ご報告いたします。




我が家は、北海道日本ハムファイターズの応援をしています。

とはいえ、GAORAと契約し、基本的にはテレビで観戦、球場に足を運ぶことはほぼないという、なまくらファンです。(2018年4月追記 DAZNにも加入


そんな我が家に突如舞い降りた幸運(今回、テンション高めでお送りします)。




お友達からいただいたこちらのチケット。
「スイートシート」なんて聞いたことがなくて、最初はそのプレミア度に全く気付けませんでした。
お友達の「ビュッフェ付でアルコール含めて飲み放題」という言葉で、ようやく思い至ったのです。


…そういえば前回、やはり貰い物のダイヤモンドシートで広島との交流戦を観戦した際、入口正面に金色のエレベーターがあったなぁ…と。
エレベーターの横には、専用の受付カウンターがあって、とても庶民が近付けそうもないオーラを放っていました。

ダイヤモンドシートですら超優良席だったのに、まさか、あのエレベーターを使う日が来ようとは!(大興奮)


スイートシート|座席ガイド・館内案内|札幌ドーム

スイートシートは、ドーム全体を見渡せる4Fの特別観戦シートです。テーブル付き・液晶モニター付きの高級感あるゆったりシートで観戦をお楽しみいただけます。 入退場の際は専用のエレベーターをご利用いただけるほか、お席の近くにはスイートシート専用のトイレや喫煙室もございます。


スイートシートは基本的に企業が接待・福利厚生で利用する席で、今年球団が改装したばかり。後からお値段を調べたところ、2席セットの年間契約で138万円だそうです。



ダイヤモンドシートのご紹介




ついでなので、ダイヤモンドシートがどんな按配だったのかも書いておこうと思います。


入口は西ゲート1。
ダイヤモンドシートのチケットを持っていると、列に並ばず、優先レーンを使って入場できます。
入口をくぐってしまえば、チケットの携行は必要ありません。


プレミアムシート専用ラウンジ


飲食ブースやトイレも専用の施設が用意されており、混雑とは無縁でストレスフリーです。
ラウンジにはゆったりとしたチェアが配置され、大画面で試合を見ることができます。
ただ、球場まで来て画面で見る意味が分からなかったので、私たちは座ることはありませんでした。


売店はカープファンに占拠されていた(笑)


飲食物はプリンスホテルが提供しています。ダイヤモンドシート限定メニューもあります。また、頼めば席まで料理を運んでくれます。


ダイヤモンドシートからの眺め


バックネット裏の席でした。
座席は広いし、何より前の座席との間隔が広いのが良かったです。
席を立つのにいちいち周りの人に足をずらして貰わなくても大丈夫。


限定メニューのカツカレー


折り畳み式のテーブルがついていて、食事の際に重宝しました。

このときも、めっちゃ楽しかったんですよね~。試合は逆転負けでしたが。



いざ、札幌ドームへ


昼間は結構な雷雨だった


試合開始は18時。

仕事が休みだった私は、早めに家を出ました。

家から球場まではバスと地下鉄二路線を乗り継いで、どんなに頑張っても40分はかかります。

17時20分、札幌ドームに到着。




今日の試合は旭川スタルヒン球場の雨天振替で、全席1,000円のスペシャルデーでした。
平日ですが、それなりにお客さんはいます。



件のエレベーターに乗車




西1ゲートで、二次元バーコード読み取り機にかざそうとして、スタッフの方に「スイートシートはこのまま奥の受付へどうぞ」と言われました。

そもそもチケットにバーコードついてないし…(恥)。

庶民感丸出し、あきらかに不慣れな挙動で専用カウンターへ。

そんな不審者にもスタッフさんはやさしく応対してくれたのでした。

エレベーターのボタンを押して、扉が閉まるまで礼をしてくれるというおもてなし。

…そのおかげでエレベーターの外観写真は撮れませんでした。




中は一人だったため、ボタンだけでも…。



入口から高級感が漂う




4階に着くと、左手に入口がありました。

入口にもスタッフが二名いました。

チケットの提示を求められるのかと思い、ちら見せしながら通りましたが、普通に「いらっしゃいませ」と言われただけでした(汗)。





入るといきなりビュッフェがどどんと用意されています。

壁際に大きなソファが置いてあり、女性のグループが食事をしながら談笑していました。

他には4人掛けの丸いテーブル席が6、7組ありました。




ビアサーバーでテンションMAX


ビュッフェも気になるけれど、まずはビール!
座席に荷物を置いて、いそいそとビアサーバーへ…。


プラカップをセットして…あれ?これどうやるんだろう?

給水器みたいに注ぎ口を押してみる。動かない(焦)。

良く見ると、ビールマークのボタンがありました。これか!…ポチッとな。




おお~~~!

台がななめに傾いて、まずはビールだけが注がれ、そのあと直立に戻って泡が出る仕組みです。よくできてるなぁ。

サッポロクラシックがタダで飲み放題~~~!幸せ~~♪

冷え冷えで、めっちゃウマー!

今日は雨で蒸し暑いから、生ビール最高や!(謎の関西弁)


シャンパンはさすがに有料^^


アサヒスーパードライ、キリン一番搾りも飲み放題!
さわおさ~ん!「ビールが湧き出る蛇口」、ここにありましたよ~!


…はぁはぁ。


すみません。

タダ酒でテンション上がりすぎました。

安い女で申し訳ございません。



座席もプレミア~ム




座席はペアシートが前後に並んでいます。背もたれが高く、クッション素材で、長時間座っていても身体が痛くなったりしません。

通路を挟んで同じように4席あり、左右の仕切り板も背が高く、他のお客さんの話し声が気にならない仕様です。

放送席の上にあたるので、音が跳ね返らないよう天井に工夫もされているようでした。

折り畳み式のテーブルが備え付けられており、前方中央にはテレビモニターがあります。

試合中はGAORAの野球中継を放映しているのですが、これが大変便利でした。

GAORAの放送はリアルタイムよりほんの少し遅れているため、リアルで球審のジャッジを見たあと、ピッチャーが投げた球の軌道をモニターで確認ができるのです。ストライクゾーンの左右のズレは目視で分かりますが、球の高い低いは分からないので助かります。


席から左手を眺める

右手にはビュッフェ・トイレなど


4階ともなると、眺めが良いですね。前回座ったダイヤモンドシートのほぼ真上です。



食事も満喫


料理の並べ方がオシャレ


ビュッフェは十分な品数と量でした。どれも美味しかったです。特に鮭のエスカベッシュ、ピクルス、ローストポークが気に入りました。つまみ系だけでなく、ラーメン、カレー、豚丼、焼うどんといった炭水化物も用意されていました。

デザートは入れ替わりでロールケーキ、シュークリーム、イチゴのムース、抹茶プリン、ガトーショコラがありました。どれも一口サイズでいろんな種類を食べたい欲ばり女子(自分)にはピッタリでした。

スタッフさんが沢山いて、お料理を補充したり、テーブルの上を片付け・清掃してくれますので、常に清潔感があるのも好印象でした。



帰る間際まで厚待遇


下から見たスイートシート(別の日に撮影)


試合観戦後は、係の人にお願いすれば、地下一階へ案内してもらって専用のタクシー乗り場から、待ち時間ゼロで乗車できます。

セレブなら自宅までタクシーで帰るのでしょうけれど、私たちは貧乏人なのでJR白石駅まで…^^そこからは電車で帰りました。




結論。最高でした。


試合は(また)逆転負けしましたけれど、帰りのタクシーの中で「楽しかったなぁ…」という気持ちがこみ上げてきました。本当に夢のような時間を過ごせました。



やっぱり球場で観戦するのは楽しいですね。

テレビには映らない、たとえば盗塁王のタイトルを狙う西川選手の盗塁する瞬間や、レアード選手の一塁から三塁への激走が見られたり…。

ライトを守る松本剛選手の好返球も興奮しました。

また、DHで出場していた高濱選手の、プロ初ヒットのボールが三塁側ベンチへ戻されるところを目撃して、ほんわかしたりもしました(親御さんの気持ち)。

テレビだと、どうしても「ながら観戦」しちゃうので、球場で野球だけに集中できる時間って、とっても贅沢だと思います。

それと、負けてもそんなに悔しくないというか、勝ち負け以外の要素を楽しめる、というのが球場観戦の醍醐味ですね。


今、ファイターズは新球場を前提としたボールパーク構想が本格化し、札幌ドームから移転する方向で動いています。

新しい球場は、きっと、今よりエンタメ施設が盛り沢山になって、試合以外も楽しめる場所になると思います^^

新球場、大いに期待しています!