2018/02/22

【猫の日】猫にまつわるイタイ思い出





今日は猫の日。

猫飼いの皆さんは、愛猫との素敵な時間を過ごされていることでしょう。





猫は手先が器用ですよね。

うちの猫、ドアはいとも簡単に開けてしまいます。





扉に貼ってある緑のテープは、猫の爪とぎ防止です。かっこ悪くてすみません。


洗面所の引き戸は、人間が開けるような勢いで、ガラガラッと音をたてて入ってくるのでビックリします。




それと、猫のジャンプ力は本当にあなどれません。




数年前の年の瀬。

会社から帰ってドアを開けようとしたら、「ガツン」と音がして、扉が途中で止まってしまいました。

状況を理解するのに3秒くらいかかったかもしれません。

誰もいないはず(この時naoは函館に単身赴任中)なのに、内側からドアガードが掛かっている…!?


サーッと。音を立てて血の気が引きました。

家に入れない!

鍵!

いや、鍵は持ってる!今開けたし!

開けたのに入れない!

どうして?

誰か中にいるのか…?…それはそれで怖い!

猫がやったの?ドアガードをジャンプして掛けたの?

そんな馬鹿な!

でも、それしか考えられない。

どどどどどどうしよう。


一応、中に人の気配がないか、耳を澄ませてみました。しかし、聞こえるのは猫の鳴き声ばかり。やはり誰もいません。

扉の隙間から指をいれて、何とか外せないかな…と挑戦しましたが、外せるわけないですよね。

外せたら防犯の意味ないし。

でもね。外せそうに見えるんですよ。悪あがきしたくなるくらいには。

パニックになりながら、naoに電話をしました。

猫にインキーされた!
はぁ?

当時はガラケーだったため、最寄りの鍵屋さんの電話番号をnaoに調べてもらいました。


鍵屋さんが来るまで20分程待ったでしょうか。

玄関ではお腹をすかせた猫がニャーニャー鳴いています。

猫は「どうして家に入ってこないんだ!」って言っていたのかもしれないけど、私だって好きでマンションの廊下に突っ立っているわけではないのです。

猫よ。ドアガードを引っ掛けることができたなら、もう一度ジャンプして外しておくれ。

願いながらドアを閉めたりしてみましたが。

…ま、無理だよね。



鍵屋さんはドアを調べて、渋い顔。

「これは、結構タイヘンですよ」

ペットによるドアガードのロックは、わりとある事例だそうです。

チェーンなら切ればいいし、ドアガードも、魚眼レンズを外して、そこから道具を入れれば外せるみたい。

こういうの、あんまり言ったらいけないのかな…?

でも啓発のために書いときます。在宅時はドアガードだけでなく、シリンダー錠も必ずロックしましょう。ピッキング防止のシリンダー錠なら尚良いです。

一人暮らしのお嬢様方、お気を付けくださいまし。



で、うちのドアには、そうした犯罪を想定し、鉄壁の魚眼レンズとドアガードがついていました。

魚眼レンズにいたっては。絶対に外からはずせない仕様だったんです。いやぁ、うちのドアは優秀だなぁ(涙目)。



鍵屋さんは色々試したのち、最終奥義「力技」を発動!

ガキーン!ガキーン!と、マンション中に響き渡る金属音…。猫は当然部屋の隅へ逃げていきました。

誰かが様子を見に来るのでは、と心配になりましたが、幸い、誰も来ませんでした。

音がすごすぎて、ご近所の人も恐かったのかもしれない。

別に悪いことをしているわけではないので、もし聞かれたら事情を説明すれば良いだけ。でも何故か自分が犯罪グループの一員になったかのように、ビクビクしていました。

鍵屋さんは色々な道具を駆使し、一時間ほど奮闘。無事ドアガードを外してくれました!

外れた時は本当にホッとしました。

お代はたしか12,000円だったと思います。

一時間も拘束してしまったのだから、金額としては妥当ですよね。

年末で痛い出費だったことには変わりませんが。




そんなわけで、うちのドアガードは受けの部分しか残っていません。



この事件の以前にも、帰ってきたらドアガードが少し浮いていた、ということが何度かあったんですよね。

その時、気に留めなかった自分を呪いたい。

動かないようテープで止めたり、何か対策をしていれば、余計な出費をしなくてすんだし、何よりも大きな音をたてて、猫を怖がらせることもなかったんですよね。



人間が留守の間、ずっと寝ているとばかり思っていたのに。

実はドアにジャンプを繰り返し、ドアガードで遊んでいたなんて。

退屈だからやっていたのか、毎朝ドアから人間が出ていくのを見て、ドアに八つ当たりをしていたのか。

真相は闇の中です。猫が喋れたなら、理由を聞いてみたいなぁ。



10 件のコメント :

  1. 全部読んだ後最初の写真に戻り、
    「おまえか。おまえがやったのか。」と笑いながらつぶやきました。
    すみません・・・(笑)
    猫、あなどれませんね(^O^)

    返信削除
    返信
    1. わざわざトップに戻っていただいて、ありがとうございますヾ(´∇`。*)ノ
      今回写真が少なかったですもんね~。

      猫のジャンプ力+手先の器用さ=インキー

      鍵を開けてもドアが開かないって、結構ショックですよ(≧▽≦)

      削除
  2. 最初の写真の顔が青いのはTV見てるの??
    昔々、付き合っていた彼女が小さくて痩せた子で、門限破って怒った母親が自宅のドアのチェーンロックをかけても外から手を入れて外して中に入るというのを何度も繰り返して叱られていたのを思い出しました。でもさすがにドアガードの金具は無理ですよね・・・(笑)
    帰宅して開けようとして開かなかったらショックというかびっくりします!
    umeさんちの猫ちゃんは一所懸命ドア開けようとしていたんじゃないかな~。
    迎えに行こうと必死だったんですよ。根拠ないですが(笑)

    返信削除
    返信
    1. >ぷしゅ猫さん
      そうそう。私の膝の上でオリンピック見てます^ ^
      元カノさん、中々の猛者ですね!チェーン外して、普通に「ただいま〜」って家に入っていったんでしょうか( ^ω^ )
      迎えに行こうなんて、うちの猫、そんな健気な心を持っているかなぁ…(笑)

      削除
  3. 猫さん、すごいな! たくさん武勇伝持ってますね~。
    だいたいブログの最初『猫は手先が器用ですよね』から、そうか?あのおだんごお手々が?と思ったけど。
    次々に繰り出される華麗なるドア開け技。なるほど~。
    ってこれ普通じゃないですから! 器用+賢いですよ。
    でもそれがろくな結果になってないのが、さすが猫...

    返信削除
    返信
    1. >うまんまさん
      りんちゃんはドア開けやりませんか?
      おっしゃる通り、猫が本気出すとろくなコトになりません!
      持てる知能をイタズラに全振りして来ますから…。

      削除
  4. 猫さん・・・危険すぎる・・・。
    でも、すごいですよねぇ。そのジャンプ力と諦めずに成し遂げた(?)精神力。うちの猫もたいがいしつこいと思っていましたが、猫は一般的に粘り強くやり遂げる子が多いのかもしれませんね。幸い(?)我が家のドアにはチェーンとかが無いので、締め出されることはなさそうです^^;

    返信削除
    返信
    1. >こころさん
      猫のしつこさには脱帽です(*´-`)
      留守番中に、ひとりでジャンプしている猫を想像すると、おかしいような悲しいような。
      キサちゃんも、そのうち、こころさんが想像もしないようなイタズラをするかもしれません(*≧∀≦*)

      削除
  5. えええー( ゚д゚)
    ドアガードの心配したことはなかった。。。
    怖いなぁ、これ(´∀`;)
    これ内緒だけど、うちドアガードっていつもかけないので(ドアのキーはかけます)うちの猫はかけ方も機能も知らないかも(´ー`A;)
    でも気をつけまーす!

    返信削除
    返信
    1. >aiaiさん
      うちも、この家ではドアガードを使ってなかったんです。前の家で掃除するときや、空気の入れ換えのときに使ってたのを、覚えてたんでしょうかね〜。

      削除