2018/05/24

猫、入院する。




5/20(日)になっても、猫の体調は回復しませんでした。



午後1時ごろ、モンプチを1パック食べました。

その時は食べっぷりも、食べた後の舌なめずりもいつもと同じで、一安心かと思ったのですが…。

数時間後にすべて吐いてしまいました。

下痢を2回して、日曜日から月曜日の朝まで、猫はずっと寝ていました。

食べ物や水には全く見向きもしません。




5/21(月)


naoが午前半休をとって、猫を病院へ連れていってくれました。

再度のエコーで、十二指腸が動いていないということが判明。

エコーに異物は写らず、原因はやはり分かりません。

猫はそのまま入院し、栄養剤の点滴と、腸を動かす薬を注射して、様子を見ることになりました。




5/22(火)


背後が気になる…


病院から電話があり、猫の状況を伝えてくださいました。

オシッコは出ているけれど、便は出ず、ご飯も食べず。嘔吐が二回。

一日に必要なカロリーの半分を、点滴で補っている状態。

レントゲンを撮ったところ、大腸の出口付近に何かのかたまりが見えました。

土日はずっと下痢だったので、固形物が見えるということは、詰まっていた異物の可能性が高いです。

また先生曰く、何か障害物がある時、その上部の器官にガスが溜まるとのこと。

胃ではなく大腸にガスが溜まっていることから、レントゲンに写ったかたまりが排出されれば、何らかの進展が望めそうです。




面会で診察台に載せられた猫は挙動不審でした。

背後に先生がいて、その後ろから犬の吠える声がずっとしていたので、緊張しているようでした。




5/23(水)


病院からの電話を待っていたのですが、18時を過ぎても音沙汰なし…。

そのうち、naoが会社から帰宅しました。

シビレを切らして、こちらから掛けてみると女の人が出て、今日の猫の様子を教えてくれました。

食事はまったく摂ろうとしない。

オシッコは出ている。

今日は一度も吐いてない。

引き続き栄養剤と注射で様子を見ますとの回答でした。

私が知りたかったのは猫の便が出たかどうか、だったのですが…。

質問して初めて「今日は出てないですね~」と言われました。


面会に行くと、女性スタッフが猫のご飯を持ってきました。

スタッフのいない場所で、飼い主の私たちならご飯を食べさせられるかもしれない、とのことです。

しかし、猫はニオイを嗅ぐこともしませんでした。

先生に「食事をしないと腸の動きは良くならないので、明日は強制給餌を試します。便が出ないのは入院によるストレスのせいかもしれないから、今後は通院に切り替えることも考えた方がよいです。」と言われました。

私は、ほとんど何も食べず、水も飲まず、ぐったりと寝てばかりいた猫を思い出して、家に連れて帰っても状況が好転することはないような気がしました。


5/23の猫


猫は昨日よりは、目つきや動きがまともに見えました。

昨日は診察台にべったりと腹ばいになって、顔だけキョロキョロしていたのが、今日は前足についた点滴の針を外そうとしたり、診察台から降りようとしました。

猫を撫でたとき、背骨がゴツゴツと手のひらに当たりました。



帰宅後、naoと話し合って、明日は猫を退院させよう、と決めました。




5/24(木)


午前中、高栄養食をシリンジで少し食べた猫。

その後も吐くことなく、動きがどんどん活発になっているとのこと。

便は出ておらず、単なる胃腸炎なのか、異物によるものなのかは、便の中身次第、だそうです。

明日も体調次第ですぐ点滴が打てるよう、左足の点滴針は残してあります。

受付で会計を待っている間はキャリーバッグの中でおとなしくしていた猫ですが、車に乗った途端、ニャーニャーと全力で文句を言い始めました。


おうちに帰ってきました!


家に着いて、「ごはん食べるかい?」と聞いたら、良い反応が返ってきました!


体重は4.8kgでした。
200gくらい減りました。


ちゅ~るを一本食べて、その後いつものカリカリを16粒食べました。

病院から貰った高栄養食は、美味しくないみたいで、近づこうともしませんでした^^;

食べ終わった後、気持ち悪そうな素振りもなく、ふつうにしています。


両前足の点滴の跡が気になって仕方ない。


食欲が戻ってきたのがすごく嬉しいです!あとはウンチが出てくれれば!




今回の治療費




5/21
末梢静脈カテーテル留置 2,000円
静脈注射 1,000円×2=2,000円
静脈注射(胃腸薬) 800円×2=1,600円
静脈輸液②(20kg以下/薬剤あり) 4,500円
入院料(1日) 3,000円

5/22
レントゲン検査(複数) 1,500円×2=3,000円
超音波検査(腹部) 4,000円
静脈注射 1,000円×2=2,000円
静脈注射(胃腸薬) 800円×2=1,600円
静脈輸液②(20kg以下/薬剤あり) 4,500円
入院料(1日) 3,000円

5/23
尿検査 1,500円
静脈注射 1,000円×2=2,000円
静脈注射(胃腸薬) 800円×2=1,600円
静脈輸液②(20kg以下/薬剤あり) 4,500円
商品(保険非対象) 210円
入院料(1日) 3,000円

5/24
静脈注射 1,000円×2=2,000円
静脈注射(胃腸薬) 800円×2=1,600円
静脈輸液②(20kg以下/薬剤あり) 4,500円
内服薬 1,000円
商品(保険非対象) 1,000円
入院料(1日) 3,000円

合計 57,110円(税抜)


一通り騒いだ後。やっと眠りそう。


猫貯金」に手を付けるときが来ました。

毎月コツコツ貯めていると、いざという時役立ちますね。




6 件のコメント :

  1. 経過を教えていただき、ありがとうございます。
    帰宅による一時的なテンションupじゃなく、このままスムーズに快方に向かって欲しいですね!
    ミルトくん、お腹は空いていたんだね。カリカリ16粒とちゅ~るは大躍進ですよ(^O^)
    あとは出すだけ!頑張れミルトくん!!

    返信削除
    返信
    1. >ぷしゅ猫さん
      なるほど!一時的なテンションUPの可能性もありますね。
      昨夜は嘔吐なく、今朝も元気にカリカリを食べてました。
      ウンチは少しだけ出ました!
      中身を検めましたが、とくに異物などは見当たらず。これから出てくるのかも。
      ミルトへの応援ありがとうございます!

      削除
  2. ミルトくん!心配しましたよ~!
    お家に帰れて嬉しかったんですね(*^^*) 少しでも食べてくれると安心しますよね。早く出すもの出して、すっきりしたいですね。
    ブログを通じて、umeさんたちご夫婦がミルトくんをどんなに大事にされてるか知っていただけに今回のことはとても心配でした。自分でも意外に感じるくらい。
    ブログのパワーすごいな、と改めて実感しました(。・ω・。)ノ

    返信削除
    返信
    1. >うまんまさん
      そんなにうちのミルトを心配してくださってたんですね…(涙)嬉しいなぁ。ありがたいなぁ。゚(´つω・`。)゚。
      家に猫がいない3日間は、寂しいやら猫に申し訳ないやらで、堪えました。
      完全復活まではいきませんが、食欲が戻って本当に良かった!うまんまさんが応援してくれたおかげです^ ^

      削除
  3. ああ、食欲戻ってきたなら快方に向かってるかな!?良かった(*^_^*)
    猫って病気になると全然飲み食いしなくなっちゃうから、人間の病気を心配するよりもっと心配しちゃいますよね。
    出るものが出ないから自然と食欲にストップがかかるのかな。それともずっと痛かったのかな。
    こんなときだけでもいいから猫と会話できたらいいのに、っていつも何度も思います・・・

    食事は毛玉ケアとかのフードに変える?なにか工夫されるのでしたら、将来の参考にしたいのでまた記事で紹介くださると嬉しいです(^O^)

    返信削除
    返信
    1. >ぷしゅ猫さん
      急に何も食べず、水も飲まなくなってしまって、怖かったです…(涙)
      年を取ると、いままで普通に排出できていた抜け毛も、たまりやすくなるのかも。
      痛かったのか、気持ち悪かったのか、いずれにせよ猫はツラかったでしょうね…。
      フードは今までのエイジングケアのまま、変える予定はありませんが、ヘアボールケアか、便秘ケアのフードを混ぜて与えてみようかな^^

      削除