2018/01/05

いい大人だけれど、今年は真剣に作文を学びなおしたい




50記事ほど書いてきて、日々痛感していることがあります。
それは、作文の力が足りないということです。



悩みの種は主に3つです。

①起承転結を考えるのが苦手。とくに書き出しとまとめ方で苦労する。

②語彙力、表現力が貧弱。単調な文章になってしまう。

③記事を仕上げるのに、時間がかかりすぎる(3~4時間)。



文章を書くのが得意な人は、まず大まかな骨格、話の流れと着地点を決めて、細部は後から肉付けしていくのだと思います。

私の場合は構成の段階でつまずいてしまい、とりあえず書き出してみようとしても筆が進まず、そのうち集中力が途切れて他のことをし始める…のがいつものパターンです。

でも、書くことが嫌いなわけじゃないんです。blogをやめたいとはこれっぽっちも思っていません。

むしろ、blogって良いなぁと、ポジティブに捉えています。

ささやかな日常の出来事を綴っているだけですが、文章にして残すことは、私たち夫婦にとってはかけがえのない財産になるでしょう。

しかも、私たちのblogを読んでコメントをくださる方もいるのです。本当に励みになります。ブログサークルの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

せっかく、読んでくださる方がいるのだから、きちんと読み物としての体裁を整えたいし、自分たちが数十年後に読んでも、面白いものであれば尚良いです。

このままではいけない、自分の作文力をイチから鍛え直さなくてはならない、と強く思っております。






まずは基礎となる、文章を組み立てる力と、見たこと・感じたことを表現する力を身につけたいです。

構成力を学ぶために、教科書(参考書?)を探します。明日、街の本屋さんに行ってきます!

表現力の貧弱さは、自分の引き出しの少なさに起因しているわけですから、本を読んだり、ネットで勉強したりしてインプットを増やします。

そして、書くことが日常の一部になるよう、どんどん記事を書きます。

ジャンルは問わず、日ごろ思ったことや読んだ本の感想、時事問題など、今まで以上に雑多なblogにしていきます。なので、興味のない記事は遠慮なく読み飛ばしてくださいね!

それと、文章力向上のお役立ち情報や、経験談などありましたら是非教えて下さい。

よろしくお願いします。