2018/01/02

シェ・スガヤのフレンチ御節と寝正月



あけましておめでとうございます。
お寿司を前にしても、イタズラしない優等生猫です。



我が家のお正月は食べて寝ての繰り返し。完全なるダメ人間コースです。

昼前に起きてきて、軽く身支度を調えたら、おせちをひろげて飲み始めます。



札幌のフランス料理店「シェ・スガヤ」さんのおせちを毎年購入しています。

シェフが一人で手作りしていて、限定30個なんです。




一段目
オマール海老のバプール
真鯛のエスカペッシュ
蝦夷あわびのバプール
野付産ホタテ軽い燻製
タラバ蟹のテリーヌに天使海老を飾って





二段目
フランス産マグレ鴨の燻製とフォアグラのムース
十勝ポロシリ黒毛和牛のロティ
フランス産ウズラとトリュフのファルシイ
プラチナポークのパテ・ド・カンパーニュ
スペイン産イベリコ豚の赤ワイン煮





三段目
気仙沼産フカヒレ姿煮コンソメ仕立
北見産むらさき花豆の甘煮
真狩産百合根のムース
彩り野菜のオムレツとサーモンヒュメ
キャビア(瓶)


他に、イタリア産のスパークリングワインが一本ついてきます。
どうです~~?豪華でしょう~~??


ソファの前にテーブルを出し、ごちそうをつまみながら、のんびりテレビを見つつ。
二人の間には猫が寝ているんです。
これが、何よりの幸せです。最高のお正月です。


どれも美味しかったのですが、naoのベスト3は、
1.十勝ポロシリ黒毛和牛のロティ
2.フランス産マグレ鴨の燻製
3.オマール海老のバプール

私のベスト3は、
1.十勝ポロシリ黒毛和牛のロティ
2.フランス産マグレ鴨の燻製
3.タラバ蟹のテリーヌ

でした。
黒毛和牛のロティは、口に入れた瞬間、
「何じゃこりゃ~~~!!!」と二人とも絶叫する美味しさでした。
味付けは塩こしょうのみ、なんですけれど、肉の旨みがギュギュッと凝縮されていて、しかも柔らかい!


あ、猫にもごちそうが当たりましたよ!

奄美産生本マグロです。人間も生マグロは、なかなか食べられませんからね~。味わって食べてくださいね!

ちょっと一切れが大きすぎましたかね…

猫は「ごはん」と「まぐろ」という二つの単語に敏感に反応しますので、人間のあいだでは「G」と「M」という隠語を使用しています。



まぐろの為なら、立つ!

改めて見ると、おなかにジッパーがついてそう…。
小さいオッサンが入っているのかしら。





おせちについていた紅白の紐は、猫のオモチャにピッタリ♪




先っぽのフサフサと、適度に伸び縮みするのが面白いみたいです。




健康で、ご飯が美味しく食べられることが何よりの幸せです。
2018年も、病気やケガなく過ごせますように...。